大阪・岸和田のアミ・インターナショナル 行政書士事務所                                  クーリング・オフ、国際法務、ペット法務はお任せ下さい。
Home クーリングオフ 内容証明 国際法務 ペット法務 遺言・相続
HOME
サービス案内
クーリングオフ
内容証明
国際法務
 
ペット法務
事務所案内
トップ>ペット法務/9.ペットの虐待・遺棄・殺傷の罪


    (9A)ペットの虐待事件判例


動愛法§2には「動物が命あるものであることに鑑み、何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることのないようにするのみでなく、人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない」と定められています。また、家庭動物等の飼養及び保管に関する基準(環境省告示第 37 号)によりペットの飼い主には次の一般原則が適用されます。「飼い主は、命あるものであるペットの適正な飼養&保管に責任を負う者として、動物の生態・習性・生理を理解し、愛情をもってペットを取り扱うと共に、ペットを終生飼養する責務を果たすように努めること」「飼い主は、人と動物との共生に配慮しつつ、人の生命、身体又は財産を侵害し、及び生活環境を害することがないよう責任をもって飼養&保管に努めること」

また、「愛玩動物用飼料の安全性の確保に関する法律」により飼料の安全性の確保が製造業者/輸入業者/販売業者 に義務付けられており、農水省・環境省の定める飼料の製造方法/表示等関する基準に合わない有害物質を含む飼料・病原微生物により汚染された飼料の製造/輸入/販売は禁止されています。監視を委託された独立行政法人
農林水産安全技術センターによる立入検査等もあり、基準に満たない飼料の廃棄命令に違反した法人には一億円以下の罰金刑、有害物質を含む飼料の製造等の禁止に違反した個人には、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金も規定して、法律上はペットの食の安全が図られています。

ペットと人間は共生する関係にあるにもかかわらず、人間が一方的にペットの生殺与奪権を有しているのが現実です。一方でペットは落ち込んでいる人間を慰めてくれたり、子供の遊び相手になってくれたりして、人間に尽くしてくれる生きものであるのに、人間が勝手にいじめるとか、人間の都合で一方的に捨てる等の行為は動愛法で刑法犯として処罰されます。みだりに食事や水をやらずに衰弱させる等の虐待又は山中に放置する等によりペットの生命・身体に危険が生じるような遺棄に対しては100万円以下の罰金(動愛法§44UV)が科せられます。又、みだりにペットを殺傷した者は、2年以下の懲役又は200万円以下の罰金(動愛法§44T)に処することになっています。


(9A)ペットの虐待事件判例


(9-1)【 広島地判平24.11.22】 動物愛護法違反 猫虐待に罰金60万円
広島市南区の自宅マンションで、飼い猫1匹の頭部を手で数回殴り、けがを負わせたとして、動物愛護法違反の罪に問われた広島市南区の無職の男(37)に対する判決宣告があり、被告人は、起訴事実や他の猫への虐待を認め、検察官は懲役刑を求めたが、裁判官は,以前にも虐待していたのに猫を譲り受けて虐待しており、動物愛護の精神が著しく欠けるが、事件後は虐待の問題を理解し、動物愛護を誓っているとした上で、他の猫への虐待の事実は起訴されていない余罪であり、量刑に含むことはできないとして、罰金60万円(求刑懲役6月)の判決を言い渡した。



(9-2) 【尼崎簡判平20.7.31】 動物愛護法違反 猫踏み殺し罰金20万円
尼崎市内の浄水場内において、警備員の男が飼主のいない子猫の頭部を足で踏みつけてみだりに殺した事件が発生、事件を目撃した市民が中心になって告訴したところ、男は「間違えて踏んでしまった」との当初の弁解を翻し、子猫を故意に踏みつけた事実を認めるに至った。命ある子猫を一撃で踏み殺した行為は許せないと、尼崎市民及び動物愛護団体等の1万名ほどの署名を集めた要望書も裁判所に提出され、男には動物愛護法§44T・W@違反の罪で罰金20万円の判決が言い渡された。(もっとも、飼主が判明していた場合であれば、被告は民事上の損害賠償責任も問われる)



(9-3)【伊那簡判平15.3.13】 動物愛護法違反 罰金15万円
長野県の乗馬牧場経営者が、馬2頭を著しく不衛生な環境で飼育し、充分な給餌をせず、結果的に栄養障害状態に陥らせる虐待を行ったとして、動物愛護法違反により、検察より罰金30万円を求刑された事案(動物愛護法第44条2項は100万円以下の罰金を規定する)。American Quarter horse1頭とShetland pony1頭を飼育していたこの経営者は、5年以上もの間、馬に飼料必要量(1日当たり約11.3kg)の半分以下の飼料しか与えず、馬2頭をそれぞれ栄養消耗症及び栄養失調症に陥らせ、愛護動物の飼育者としての監護を著しく怠っていたと訴えられた。給餌又は給水を充分与えず愛護動物を不健康な状態に陥らせる行為は、動物愛護法上の虐待に該当し、飼主を信頼して従順に空腹に耐えていた馬が誠に不憫であると裁判官は言う。但し、飼主は、傷害ないし病気の影響で体が不自由になったため、経済的余裕もなくなり、やむなく結果的に虐待をしたとも推察され、この点を斟酌して、罰金15万円又は30日間労役場に留置の刑を言い渡した。



(9-4) 【横浜地判平24.5.23】 動物愛護法違反と詐欺 虐待目的猫譲受に詐欺罪適用、懲役3年
猫の里親を探していた女性3人から、殺傷目的を隠して猫5匹を譲り受け、3匹を足で踏み付けたり壁にたたき付けたりするなどして殺したほか、2匹を傷つけたとして、動物愛護法違反と詐欺の罪に問われた無職の男(45)に対する判決宣告があり、裁判官は、飼い主をだまして猫を譲り受けた行為について詐欺罪の成立を認め、殺傷の態様は残虐で悪質極まりないとした上で、被害者の受けた精神的苦痛は計り知れないが、被告人が患っているそううつ病の影響も否定できないなどとして、懲役3年、保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役3年)を言い渡した。



(9-5) 【福岡地判平14.10.21】 動物愛護法違反 懲役6月
福岡市在住の男が、拾ってきた猫一匹の尾及び左耳をはさみで切断してみだりに傷つけた上,その頸部をひもで絞めつけ,自宅アパート付近の川に投げ捨ててみだりに殺し、その様子をインターネット上で公開して犯行がばれ、逮捕拘束された。捜査当初は、猫は死んでおらず逃げていったなどと虚偽の弁解をしたが、証拠を突き付けられ犯行を認めるに至った。面白がって動物虐待・虐殺を現実に実行した行為は、動物愛護法第44条1項(2年以下の懲役又は200万円以下の罰金を規定する)により厳罰に処せられるべきであるが、犯人が、人間関係が苦手で社会的にも未熟な青年であること、前科前歴がないこと、既に異例の長期の身柄拘束を受けていることを斟酌して、求刑通り懲役6か月の判決を下したものの、同時に執行猶予3年を言い渡し、社会内での更生の機会を与えた。