大阪・岸和田のアミ・インターナショナル 行政書士事務所                                  クーリング・オフ、国際法務、ペット法務はお任せ下さい。
Home クーリングオフ 内容証明 国際法務 ペット法務 遺言・相続
HOME
サービス案内
クーリングオフ
内容証明
国際法務
 
ペット法務
事務所案内
トップ>ペット法務/15.ペットの交通事故


    →(15)ペットの交通事故判例

飼犬が交通事故で負傷した場合、治療費及び飼主の慰謝料はどこまで認められるか、参考になる判決がある。平成17年に発生したトラックと乗用車の追突事故により、乗用車後部座席に乗っていたペットの犬が大けがをして、乗用車側(夫妻)がトラック側(運転手+雇用者の会社)に対し約990万円の損害賠償を求めた裁判だ。一審の名古屋地裁は負傷した犬の治療費等88万円、夫妻の慰謝料80万円、弁護士費用18万円、合計186万円の支払いを命じたが、納得しないトラック側が控訴し、その結果、二審名古屋高判平20.9.30はこれを大幅減額修正して、犬の治療費等12.2万円、夫妻の慰謝料36万円、弁護士費用5万円、合計53.2万円(正確には532,850円)の支払いを命じて確定した。(この事故で、夫妻も骨折・挫傷・頭部外傷等の障害を負った)

民法上、犬は「物」であるから、治療費の上限がいくらかが問題になる。保険では、車両のような物であれば、修理費用がかさみ過ぎると、全損とみなして、車両の時価相当額を補填する。購入価格65,000円のペットの犬の場合に、この原則をあてはめると、認められる治療費の上限は65,000円となる。それ以上治療費がかかるなら死んでもらいましょうというのは、他人の不法行為により負傷した命ある動物について、妥当ではない。

名古屋高裁は、社会通念上相当と認められる治療費等の限度を13.6万円としたから、どうやら購入価格65,000円の二倍を目途にしたと思われる。(最終的には、夫妻側に1割の過失相殺が適用され、12.2万円)なお、当該犬は、事故により、後肢麻痺を負い,自力で排尿・排便ができず,日常的に飼主による手当てを必要とする状態に陥った上に、車椅子も必要になったので、車椅子製作料25,000円も認められた。

慰謝料については、いくら子供のいない夫婦が、わが子のように可愛がって育てていた犬とはいえ、裁判官にとっては所詮「動物」でしかないので、原審を半額にして40万円(1割の過失相殺後36万円)とした。犬が死亡した場合に近い精神的苦痛を飼主が受け、しかも犬の生涯介護が必要になる点を考慮しても、夫婦一人20万円、二人で40万円程度が、「社会通念上」認められる慰謝料の限度と判断された。

また、トラックに追突された際の犬の負傷について、犬用シートベルトなど動物の体を固定するための装置を装着させるべきところ、そのような措置を講じなかった夫妻には、被害者といえども、1割の過失があると認定され、過失相殺が相当と認定した。

いずれにせよ、民法上「物」であるペットの治療費上限が、必ずしも購入価格(時価相当額)とされないこと、負傷したペットの飼主の慰謝料が賠償すべき損害と認められたことの意義は大きい。交通事故で命を落とした犬の火葬料も、加害者に負担させた判決もある。(東京高判平20.9.30)


(15A)ペットの交通事故判例
(15-1) 【名古屋高判 平20.9.30】  53万円
Labrador Retriever犬(7才)を同乗させていた飼主夫妻の普通乗用車が、赤信号で停車中に、牛乳輸送の大型貨物自動車に追突され、そのはずみで、飼主夫妻の乗用車も、更にその先で赤信号停車中の別の普通乗用車に追突した。この事故で、飼主夫妻は骨折等の障害を負ったが、後部座席に乗っていた愛犬も第二腰椎圧迫骨折に伴う後肢麻痺の重傷を負い、犬は生涯自力歩行できず、リハビリが必要になった。夫妻は犬の治療費として支払った145万円のほか、入院費(29万円)、通院・自宅付添看護費(228万円)など実費のほか、平均余命までの今後のリハビリ・通院・自宅付添看護費(246万円)、慰謝料(200万円)、弁護士費用(90万円)など合計990万円の損害賠償請求をした。一審はそのうち、186万円を認めたが、トラック運転手側が控訴し、名古屋高判平20.9.30は53万円に減額した。家族の一員であるかのように、飼主にとってかけがえのない存在になっている愛玩動物が、不法行為によって重傷を負ったことにより、死亡した場合に近い精神的苦痛を飼主が受けた時は、財産的損害に対する損害賠償のみならず,精神的苦痛に対する慰謝料を請求することができると判示した。
                                       →判決詳細
:http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/950/036950_hanrei.pdf



(15-2) 【 東京高判 平20.9.30】  7.7万円
犬を散歩させていた歩行者(63才、主婦兼パートタイマー)に酒気帯び居眠り運転の乗用車が突っ込み、女性と犬は即死、被害者の夫と二人の子が加害者の運転手に損害賠償を請求した。無謀運転の運転手は、業務上過失致死罪等で懲役1年の実刑判決、服役中に死亡したため、損害賠償の責任は運転手の両親に承継されたが、裁判中に父親も死亡したので、結局、母親と子二人(運転手の兄弟)が損害賠償責任を負う羽目になった。東京高裁は遺族の損害額を4,979万円と認定し、そのうち自賠責で2,143万円支払われているので、差額2,836万円の支払いを加害側家族に命じた。即死した犬について、亡くなった被害者の夫に慰謝料として5万円、犬の火葬料として27,000円が認められた。不慮の事故で命を落とした犬にも、火葬される権利があると認めた判決だ。